愛の音へ

  1. 記事一覧
  2. 素潜りでの水中撮影

素潜りでの水中撮影

記事一覧

2作目の映画撮影の時、初めて水中での撮影を行ないました。

それまでは、ダイビングのライセンスすら持っていなかったです。

映画撮影のため必要に迫られて行った水中撮影ですが、
水中での撮影はとても楽しいものでした。


また、ダイビングでの撮影だけでなく、
素潜りでの撮影は他にはない魅力があります。


水中で息を止めて撮影に集中。
瞑想のような無の状態で、感覚のまま撮影を行なっていきます。
撮影は、イルカやクジラの時のあれば、魚の群れの撮影の時もあります。

素潜りで、僕が潜れるのは10mほど。

これはフリーダイビング(素潜り)習ったり練習している人からしたら、初心者のレベルです。

バハマでのイルカの撮影に向けて、同じ10mでももっと長く潜れるように練習したり、
15mなど少しでも深く潜れるように練習できればと思っています。

バハマでのイルカの撮影に向けて、心身ともに
より良い状態で撮影できるようにしていきます。

よりきれいに撮影するためにも、
より良い機材での撮影できればと思っています。

一眼レフのカメラを海に入れるケースなど、水中撮影の機材は大きな費用がかかってきますが、
制作費のご支援や、クリスタルやフォトパネルの購入などで、ご支援いただければ嬉しいです。


3作目の映画に、バハマのイルカが登場できるようにできればと願っています。
どうぞよろしくお願いいたします。



【2月の「 遠隔ヒーリング」をお申し込みの方へ】
今日の遠隔での「エネルギーヒーリング」は、午前11:38からおこないました。

音楽配信

音楽配信の“ご購入″でお聞きいただけます。

◾️サブスクリプション対応アルバム
・CRYSTALBOWL×NATURE SOUND
・CRYSTAL BOWL meets 宮古島
・CRYSTAL BOWL meets 屋久島 New

CD

公式オンラインショップでのご購入は、ご希望の方にサインをさせて頂きます。

海響(MIKI)個人セッションのご案内はこちら

スケジュール

3月16日(土)三重県津市 / 映画「愛の地球(ホシ)へ」上映会&海響(MIKI)監督ワーク『宇宙銀行の開き方』

3月30日(土)大阪(和泉)/ 映画「愛の地球(ホシ)へ」I・Ⅱ上映会 愛の地球へLIVE&海響(MIKI)監督のお話会とクリスタルボウル演奏会